メディカルエステでできること。

>

医師が管理するから出来る事。

お医者さん監修の施術

エステにお医者さんが常駐していたり、病院に併設されているメディカルエステも多くあるようです。
という事は。従来のエステティックサロンとは違って、医療行為としてのエステが受けられるのです。
医療行為となると、何が違うのかと言えば、何度かお伝えしていますが効果です。
より効果が期待できる機器を使用することも、効果の強い薬剤を使用した施術を行う事が可能になります。
同じ美容機器を使用していても、医学的根拠に基づいたプログラムが組まれていたりと、効果には違いが出てくる場合もあるようですね。

ただ、美容整形のように手術をするというわけではないので、一度で見違えるような効果というのは難しいでしょう。
ここは、やはり定期的に通う必要があるようです。
では、

どんないいことがある?

先ほどまでで、お医者さんが関わるという事で、医療行為としてのエステが受けられる、という事はわかっていただけたかと思います。

では、具体的にどのような事なのか、細かく見てみましょう。
施術で肌などにトラブルが起きてしまった場合を考えてみましょう。
普段とは違った事をするのですから、トラブルが起きる可能性もあります。
エステティックサロンの場合、医療行為はできませんので病院を紹介することになります。
ですが、メディカルエステであればお医者さんがいるのですから、すぐに対応してもらう事が出来ます。
こういった場合、いち早く適切に処置してもらえるというのはエステを受ける側にとっても、とても安心なのではないでしょうか。